ブログ

Googleアナリティクスの初期設定【初心者注目・し忘れ厳禁】

アナリティクスの初期設定





もしあなたがこれから「プロ」ブロガーになるのならば、「Googleアナリティクス」は必ずお世話になるといっていいほど、の必須ツールになります。

Googleアナリティクスはサイトのアクセスを解析を基本的に無料で出来るツールになるのですが、これが使い方が分かるようになると

  • サイトの現状把握ができる
  • ユーザーに寄り添ったサイトの改善ができるようになる
  • 数字が良くなっていくのを見て、モチベ―ジョンに繋がる

といった感じで、これからのサイト運営に大いに役立つので、これからブログを始める人は必ず導入したほうがいいと思います。となると、一番最初に知っておくべきことは、その設定方法でしょう。

今回は必ず押さえておきたいGoogleアナリティクスの設定方法について紹介していきます。

 

Googleアナリティクスの登録方法

Googleアナリティクスの画面
まずはGoogleアナリティクスの登録方法について、解説していきます。

Googleアカウントを作成し、ログインする

Googleアナリティクスに登録する前に、Googleアカウントを持っていない場合は、Googleアカウントを作成する必要があります。既に持っている場合はログインします。

Googleアナリティクスアカウントを作成する

次にGoogleアナリティクスの登録画面に進みます。以下のURLから飛んで、「お申し込み」をクリックすると、サイト情報を入力する画面に映ります。
Google Analyticsへはこちらから

  • アカウント名…管理しやすい名前をつけましょう(後でも変更可)
  • ウェブサイト名
  • ウェブサイトのURL…「http://」か「https://」を選択します。
    また、URL末尾のスラッシュは不要です。
    誤)https://purogar.com/ → 正)https://purogar.com
  • 業種…サイトのテーマに近いものを選びます。(分からなければ「その他」を選択)
  • レポートのタイムゾーン…「日本」を選択します。

全部入力したら、ページの最後にある「トラフィックIDを取得」をクリックします。

すると、利用規約の画面に変わるので、左上の国名のところを「日本」に変更し、利用規約に同意しましょう。

そうすると、画面が切り替わり、「トラフィックID(UA-xxxxxxxx)」「トラフィックコード(8行ほどのコード)」が表示されていると思います。このいずれかを次のステップで使うので、この画面はGoogleアナリティクスの導入が終わるまで、閉じないでおきましょう。


トラッキングID・コードを設置する

WordPressのサイトで、Googleアナリティクスを導入する場合、

  • プラグイン「All in One SEO Pack」にトラッキングIDを入力する
  • 「テーマの編集」の画面にトラフィックコードを挿入する

の2パターンがあります。
この2つのうちから、一つだけ選んで設定してください。(両方やってしまうと正確なデータが取れなくなります)
これから以下の2つの方法を順番に説明していきます。

プラグイン「All in One SEO Pack」にトラッキングIDを入力する

  1. プラグイン「All in One SEO Pack」をインストールし、有効化します。
  2. WordPressの管理画面から「All in One SEO」を選択します。
  3. そのページの中間あたりに「Google Settings」というジャンルがあり、その中の「GoogleアナリティクスID」のところに、先ほどのトラフィックIDを入力します。
  4. 一番下の「設定を更新」をクリックすれば、設定完了です。

「テーマの編集」の画面にトラフィックコードを挿入する

  1. WordPressの管理画面の「外観」から「テーマの編集」を選択します。
  2. 右のバーから「ヘッダー(header.php)」を選択します。
  3. その中から「</head>」を見つけて、その前のところに先ほどのトラフィックコードを挿入してください。
  4. 最後に「ファイルの更新」をクリックすれば、設定完了です。

 

自分のアクセスを除外してアナリティクスに反映させない方法

棒グラフ
先ほどの設定でGoogleアナリティクスは使えるようになったのですが、これだとまだ、正しいアクセス解析ができる状態ではありません。
というのも、記事執筆中もサイトの見え方の確認などのために、自分のブログにアクセスすることが多くなるかと思うのですが、今の状態だとそのアクセスも全てカウントされてしまうからです。
そのため、あらかじめ自分のアクセスを除外してから、アナリティクスに計測してもらうように設定する必要があります。

IPアドレスを取得する

まず、サーバー監視/ネットワーク監視サービスからIPアドレスを取得しましょう。このIPアドレスはデバイスによって異なるので、自分が使うスマホやPCは全てIPアドレスを取得しておきましょう。

アナリティクスでフィルタ設定をする

終わったら、Googleアナリティクスのページに戻って、「管理」の「ビュー」から「フィルタ」を選びます。

そして、「フィルタを追加」という赤いボタンをクリックすると、フィルタの情報を入力する画面に移るので、除外するIPアドレスの設定を行っていきましょう。

  • フィルタ名…デバイス名など分かりやすい名前をつけます。
  • フィルタの種類…「カスタム」を選択します。
  • フィルタフィールド…「IPアドレス」を入力します。
  • フィルタゾーン…先ほど取得したIPアドレスを入力します。

最後に、一番下の「保存」をクリックすれば、設定完了です。

 

サイト目標のコンバージョンをアナリティクスに登録する

棒グラフ
もしあなたが自分のブログをビジネスとして使用しているのであれば、商品購入、会員登録、資料請求などといったユーザーに達成させたい「サイトの目標」がありますよね。
となると、サイトがその目的をしっかり果たしているかは、非常に重要なはずだと思います。
そして、アナリティクスでは、そうした目標達成の数値である「コンバージョン」を可視化することができます。(コンバージョンとは、目標を達成した訪問者のことです。)
ただ、そのコンバージョンを見るためには、自分で設定をしていく必要があるのですが、これからその手順を紹介していきます。

サイトの目標を明確にする

まずは、サイトの目標を明確にしていきましょう。
今回はサイトの目標で多い、以下のような目標設定の場合について解説していきます。

  • 商品購入
  • 会員登録
  • 資料請求
  • お問い合わせ

目標に設定するURLを決める

そして、サイトの目標が決まったら、目標に設定するURLを決めます。
というのも、アナリティクスでは「特定ページの閲覧」を目標に設定するからです。
これは、ユーザーが目標の行動を起こした後に表示される「完了画面」を設定するといいでしょう。


目標に設定したURLをアナリティクスに登録する

ここまで決まったら、Googleアナリティクスでの操作に移動します。
まず、「管理」の「ビュー」から「目標」を選択します。
次に「新しい目標」と書かれた赤いボタンをクリックします。
その次のページでは「カスタム」を選択して、「続行」をクリックします。

その後のページでは、

  • 名前…「商品購入」など自由に入力します
  • 目標スロットID…そのままでOKです
  • タイプ…「到達ページ」を選択します

これらを記入したら、「続行」をクリックします。

そして、これが最後のページになるのですが、次の中から、自分の目標達成ページにあった形で、3つの入力方法と目標URLを入力します。
なお、入力するURLはドメイン以降の部分から入力します。

  • 等しい…目標のURLが一つだけ
    例)purogar.com/thanks.html→「/thanks.html」と入力
  • 先頭一致…目標URLが複数で、先頭部分が同じ
    例)purogar.com/thanks◇◇.html(◇◇部分が異なる)
    →「/thanks」と入力
  • 正規表現…上記2つ以外だが、規則性はある場合
    例)purogar.com/◇◇thanks.html(◇◇部分が異なる)
    →「/(.*)thanks.html」と入力

最後に「保存」をクリックすれば、設定完了です。

 

さいごに

ホットココア
Googleアナリティクスの設定は少し面倒な部分もあるかと思いますが、今後のブログ運営のために大切な設定なので、しっかりとやっていきましょう。
最後にこの記事を概要をまとめておきます。

Googleアナリティクスの初期設定(コピペ推奨)
  • Googleアナリティクスを登録する
  • アナリティクスから自分のアクセスを除外する
  • サイト目標のコンバージョンをアナリティクスに登録する
にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ