ブログ

ブログ名(サイトタイトル)の決め方【やってはいけない7つのこと】

ブログ名 決め方





ブログ名(タイトル)はブログの顔ともいえる大事な部分です。

そのブログのタイトルを決めるときにやってはいけないこと7つあります。多くの人がこれを意識せずにタイトルを決めしまっているので、アクセスが伸びない原因となっています。

今回はファンを作ってアクセスを増やすためのブログ名の決め方、そしてブログのタイトル例をご紹介していきます。

 

ブログのゴールはタイトルに帰結する

バスケのゴール

結論からいうとブログのゴールは『ブログ名で検索して成約につなげること』です。つまり、「あなたのブログだから成約した」と言ってくれるようなファンを作ることがゴールです。

ファンのような自分を信用してくれる人がいなければ、商品を成約(購入)につながることはほとんどありません。あなたも信用できない人のブログから何を買うことがないように、まずは信用してくれるファンを作る必要があります。

そして、ここでいうファンとは固有名詞で検索してくる人のことです。

例えば

YouTubeなどで動画を見るときにはじめのうちは「面白い動画」などと検索すると思いますが、動画を見ていくうちにサンドウィッチマンが面白いと気づいたら、今度は「サンドウィッチマン コント」などと検索する言葉が固有名詞になるのです。

リアルの店舗でも

洋服を買うときに、はじめのうちは色々な洋服屋さんを見ると思いますが、好きな洋服屋さんやブランドができたら、今度はそこの人気商品や新商品が欲しくなると同じです。

これらとブログでも全く同じでファンができると固有名詞で検索されるようになります。そうやってブログ名で検索してくれるファンを作ることがブログのゴールで、ファンが増えればリピーターが増えてアクセスが増加したり、成約が増えて収入も安定していきます。

 

ブログ名(タイトル)を決めるときにやってはいけない7つのこと

明るい道と暗い道の分かれ道

ブログ名はただ思いついたタイトルをつければいい訳ではありません。きちんとした戦略の上でタイトルを決めることによりファンができやすいブログになるのです。

人目に1番入るブログ名がそのブログの成功の明暗を握っていると言っていも過言ではありません。それほど重要なブログタイトル設定でやってはいけないことが7つあります。

1.長すぎるタイトルは禁物

ブログのゴールはブログ名で検索してもらうことなどで、覚えやすくタイトルにすることが大切です。そこで長すぎるタイトルは覚えにくいのでNGになります。

覚えてもらえなければタイトルで検索されることはないので、極力短くすることが重要です。このブログでも極力短くするために4文字に抑えています。

2.英語使用は注意

英語のタイトルだとおしゃれでかっこいいですが、英語をタイトルに使用するときは注意が必要です。注意が必要な理由は次の2つあります。

  • 日本人には覚えづらい
  • 検索しにくい

日本人になじみのない英語では覚えづらいので検索されなくなってしまいます。また、なじみがある英語でもスペルがわかりづらければ、検索窓に打ち込むことができず、せっかくファンを獲得してもあなたのブログに辿りつくことができなくなってしまいます。

さらに、スマホの場合はキーボードが日本語表記の状態の人が多いので、「英語表記に変えてから打ち込む」という無駄な作業が増えるため、検索する人が減ってしまいます。

なるべくストレスを与えず、すぐに検索してもらうために英語の使用には注意が必要です。

3.被ってないか確認

他の有名な企業や言葉と被ってないか確認することは必ず必要です。なぜなら、せっかく自分のブログのタイトルを覚えてもらっても、検索されたときに他の企業などの強いサイトや用語辞典などと被るような有名な言葉では自分のブログを表示することができないからです。

例えば

このサイトもはじめ「リライト」というサイト名にするつもりでした。しかし、タイトルを決定する前に「リライト」で検索したところ、『歌の名前』や『単語辞典』、『アニメの公式サイト』などが表示されました。

そこで、サイト名を覚えてもらっても検索でたどり着くことがないと判断したので変更して、現在の『プロガー』というタイトルになりました。

このようにタイトルを決定する前に実際に検索してみて、他と被りがないか確認することは必ずやりましょう。

4.キーワードはあえて狙わない

ブログタイトルでもSEOを意識してキーワードを入れようとする人が多いですが、ブログタイトルにはキーワードを詰め込む必要性はないです。

なぜなら、ブログ名を覚えてもらって直接タイトルを全部打ち込ませることが目的だからです。キーワードを無理にいれるとキャッチ-な印象に残るタイトルを作りづらくなるので、あえてキーワードは狙わないことは必要です。

5.シェアしやすいか

SNSなどでシェアされるとアクセスが集まったSEO的にも良いですし、そこから成約につながる可能性もあります。そのため、他の人がシェアしやすいブログ名であることは絶対です。

「シェアするのがちょっと恥ずかしいなぁ」って思われてしまえば、より多くの人に自分のブログを知らせる機会を損失してしまうことにつながるので、まずは自分自身が友達や家族に見せても恥ずかしくないタイトルであるかを意識しましょう。

6.ドメインは取得できるか

ブログ名とドメイン名を同じにしたい場合はブログ名に合うドメインが取得できるか確認しておく必要があります。

ドメインから検索する人も少ならずいるので、一致させないより一致させた方が良いです。ドメイン管理会社の公式サイトから確認できるので、タイトルを決定する前に確認しておきましょう。

7.自分は気に入っているか

意外とこれが大事なポイントになります。ブログは基本的に長期的に運用していくものなので、その名前が気に入らなかったら続けるのも嫌になってしまうかもしれません。

自分でも気に入るタイトルをつけることができれば、ブログを開くたびにちょこっと楽しい気持ちになるので、「適当でいいや~」なんて考えてタイトルをつけるのはやめましょう。

 

ブログタイトルを決めるコツ

パソコンを操作する

やってはいけないことをご紹介したので、そのあとはタイトルを決めるコツにいきたいと思います。ちょっとしたコツを知っているか知っていないかでタイトルの質も変わってくるのでしっかり覚えていきましょう。

テーマを連想させるようなタイトル

テーマと全く関連のないブログ名でも問題はないですが、出来るだけテーマに関連したほうが覚えられやすく、検索もされやすいです。

例えば

ブログ関連のブログなら「アフィリエイト」や「ライティング」、「ブロガー」などのブログに関連するような言葉を入れるべきです。

このブログでも「プロプロガー」を関連させるために『プロガー』というタイトルにしています。

いかに短くするか考える

ブログ名は覚えてもらいやすくするために、短いほうが良いです。

短くするためのコツは以下のようなものがあります。

  • 繋がっている言葉の省略
  • 無駄な言葉の削除
  • 短い単語に置き換える

それぞれ詳しく説明していきます。

繋がっている言葉の省略

繋がっている言葉の省略することでより短くキャッチ-なタイトルを作ることができます。英語の発音で単語の末尾が消失して次の単語の頭文字とつながるパターン(例:「and I」を「アンドアイ」と発音せずに「アナイ」と発音する)と同じように単語の末尾を消滅させて次の単語と合体させることでタイトルを短くできます。

例えば

プロブロガー→『プロガー

ゆとりりずむ→『ゆとりずむ

むすめメモ→『むすメモ!

無駄な言葉の削除

重複する内容や省いても意味が伝わる言葉を削除すると、タイトルがすっきりします。これはブログタイトルに限らず、記事のタイトルでも本文でも使えることなので、常に重複する内容や省いても意味が伝わる言葉を探しましょう。

例えば

仮に「ダイエットで痩せて生まれ変わるブログ」というブログのタイトルなら、「痩せる」という言葉は「ダイエット」という言葉と意味が重複しているので省きます。

そして「ダイエットで生まれ変わるブログ」といった風に短くしていきます。

短い単語に置き換える

最初に考えたタイトル草案で単語ごとに短く言い換えられるものはないか探します。同じ意味の短い言葉に変えるために類語辞典などで言い換えられる言葉ないか探すのがおすすめです。

名詞と名詞を合わせる

イノベーションがすでにある物の新しい組み合わせであるように、名詞と名詞の新しい組み合わせを作ることでキャッチ-な新しいタイトルを作ることができます。逆説的なものを足すことでより、人の目を引くタイトルにできます。

例えば

「真面目」と「パリピ」と逆説的な名詞を組み合わせて「真面目なパリピ」。

また書籍のタイトルではありますが『超一流の二流をめざせ』などは「一流」と「二流」という逆説な的な言葉を組み合わせたタイトルになっています。

自分の名前を入れたものにする

インフルエンサーブロガーを目指すのであれば、自信の名前をブログに入れるのがおすすめです。個人のSNSが強くなれば、ブログにもアクセスが増えてブログも強くなりますし、ブログにアクセスがたくさんくればSNSにも流れるので相乗効果で名前を売ることができます。

表に出てどんどんサロンやコンサルをしていきたいという方は自分の名前を入れたブログタイトルにしましょう。

例えば

YOZAWA TSUBASA BLOG

Chikarinのhappy Life

などは個人の名前を全面的に出したタイトルになっています。



ブログ名を決めるときに参考にするタイトル例

積み重なる本

ブログ名はセンスによる部分も多いのが事実です。そのタイトルをつけるセンスを磨くためには数多くのブログのタイトルを見ることが一番早いです。

そこで、ここでは多くのブログタイトルを触れてタイトルセンスを磨いてもらいます。私が今まで見たタイトルの中で印象に残っているものを箇条書きでお伝えしていきます。

これら10個は自然と目に入り印象に残っているものです。あなたも自分の印象に残ったタイトルを見て、「どうしてこのタイトルは印象に残ったのだろう?」と考えて自分のブログのタイトルに活かしてみてください。

さいごに

コーヒー

ブログのタイトルは1番目にする回数が多く、ブログの顔とも言える大事なものです。それを適当に決めるのではなくより人に覚えてもらいやすくするために、より「またこのブログを見にきたい」と思ってもらうために、より多くのファンを作るために戦略的に考えて決めるようにしましょう。

最後におさらいになります。

  • 長すぎるタイトルは禁物
  • 英語使用は注意
  • 被ってないか確認
  • キーワードはあえて狙わない
  • シェアしやすいか
  • ドメインは取得できるか
  • 自分は気に入っているか
ブログ名を決めるコツ(コピペ推奨)
  • テーマを連想させるようなタイトル
  • いかに短くするか考える
  • 名詞と名詞を組み合わせる
  • 自分の名前を入れたものにする

タイトルを決めた後はブログのコンテンツ作成になります。コンテンツ作成については【全工程】コンテンツSEO完全攻略するブログの書き方をご覧ください。

にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ