wordpress

プラグインPS Auto Sitemapで読者想いのサイトマップを!

プラグインPS Auto Sitemapで読者想いのサイトマップを!

プラグインPS Auto Sitemapで読者想いのサイトマップを!

皆さんのブログには「サイトマップ」をちゃんと設置できていますか?

ちなみにサイトマップとは次のようなものです。

サイトマップのページ
もしこのようなページがないのであれば、今すぐにでも作ってしまいましょう。
なぜならサイトマップがしっかりあると、ユーザーのブログの使いやすさが向上するので、サイトマップの有無も大事なSEOの部分に関わってくるからです。

しかも、今回紹介するプラグイン「PS Auto Sitemap」を使えば、初心者でも超簡単にサイトマップを作成することができます。

なので、この記事を読んだらすぐにサイトマップを作成してみてください。

 

PS Auto Sitemapってどんなプラグイン?

たくさんのクエスチョンマーク

それではまず、今回紹介するPS Auto Sitemapとは何かについて紹介します。

PS Auto Sitemapとは、サイトマップを自動生成してくれるプラグインになります。

サイトマップとは、サイト内にある全てのページを一覧という形で、ユーザーに公開するものです。

サイトマップといえば、XMLサイトマップを思い出す人もいるかもしれませんが、PS Auto Sitemapで作成するのは、HTMLサイトマップというもので、XMLサイトマップは検索エンジンのため、HTMLサイトマップはユーザーのためにそれぞれ公開するもので、どちらもしっかりと用意しておく必要があります

ただちゃんとHTMLサイトマップを設定しておけば、ユーザーのブログの使いやすさもUPしますし、SEO対策にも効果があるので、しっかりと作成しておきましょう。

※XMLサイトマップの作成方法
ここでは、PS Auto Sitemapを使ったHTMLサイトマップの設定方法を紹介しますが、XMLサイトマップをまだ作成していないようであれば、以下の記事も参考にしてみてください。
Google XML Sitemaps|WordPress激おすすめプラグイン8選【設定方法まで徹底解説】



PS Auto Sitemapの設定方法

サイトマップのイメージ図

それでは本題の、PS Auto Sitemapを使ったサイトマップの作り方について紹介していきましょう。

まず、サイトマップ用のページを作成しましょう。
サイトマップ用のページを「固定ページ」の「新規追加」から作成します。
タイトルを「サイトマップ」に設定し、本文の部分には以下のコードを貼り付けましょう。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

これらが終わったら、このページを公開状態にしておきましょう。
また、編集ページのURLを確認し、「post=●●●(数字)」と書かれている部分の数字は、後の設定で活用するので、覚えておきましょう。

次に、管理画面の「設定」から「PS Auto Sitemap」を選択して、PS Auto Sitemapの設定画面を開きます。
そこで、表示されるサイトマップの詳細設定をしていきます。
ps auto sitemapの設定画面

  • ホームページの出力…ブログのトップページをサイトマップに表示させるかを設定できます。
  • 投稿ページの出力…投稿ページをサイトマップに表示させるかを設定できます。
  • 固定ページリストの出力…固定ページをサイトマップに表示させるかを設定できます。
  • サイトマップを表示する記事…先ほどの編集ページのURLで確認した数字を入力してください。
  • 出力階層制限…カテゴリーが複数の階層で分かれている時、どの階層までサイトマップに表示させるかを設定できます。
  • 先に出力するリスト…サイトマップを表示させた時に、投稿ページと固定ページのどちらをより上に表示させるかを設定できます。
ps auto sitemapの設定画面
  • カテゴリーと投稿の表示…
    「同一マップ内」→サイトマップにカテゴリーと各投稿を両方表示させます。
    「投稿を分割」→サイトマップにカテゴリーのみを表示し、カテゴリーページに飛んでから各投稿を選択する形にします。
  • 除外カテゴリー…カテゴリーID(※)を入力して、除外したいカテゴリーを設定することができます。
  • 除外記事…記事ID(※)を入力して、除外したい記事を設定することができます。
  • スタイルの変更…サイトマップのデザインを変更することができます。
  • キャッシュの使用…表示を高速化するためにキャッシュを使うかを設定できます。

そして、全てを設定し終えたら、「変更を保存」をクリックするのを忘れないようにしましょう。

※記事ID、カテゴリーIDの確認方法
記事IDは管理画面の「投稿」から「投稿一覧」を選択すると、確認することができます。
投稿一覧の画面
カテゴリーIDは管理画面の「投稿」から「カテゴリー」を選択すると、確認することができます。
カテゴリーの表示画面



さいごに

モーニングコーヒー

サイトマップを作成することで、ユーザーのあなたのブログへの使い勝手も上がり、SEO対策にもなるので、是非プラグイン「PS Auto Sitemap」を活用して、作成してみてください。

PS Auto Sitemapを使ったサイトマップの作り方
  1. サイトマップ用のページを「固定ページ」で新規作成する
  2. 本文部分にコードを貼り付けて、ページを公開状態にする
    ※編集ページのURLのpost=●●●(数字)の数字部分を覚えておく
  3. PS Auto Sitemapの設定画面を開いて、サイトマップに関する詳細設定をする
    ※サイトマップを表示させる記事の部分に先ほどの数字を記述する