wordpress

WordPress初心者が最低限やるべき初期設定【プロブロガーの一歩目】





「WordPressを導入したのはいいけど、管理画面をみると、いっぱい機能があって、何から手を付ければいいんだろう」って思いませんか?

せっかくブログを書こうとWordPressを入れたのに、最初の設定で時間を取られて記事をなかなか書けなかったら、記事を書く前に、ブログへのテンションが下がってしまいそうですよね。

実は、様々な機能があるWordPressですが、最初にしておくべき設定はそこまで多くはないのです。

一方で、今その設定をしておかないと後のサイト運営に影響してしまうものも、中には存在します。

今回はWordPress初心者の方に向けて、これだけは最初にやっておきたい設定についてご紹介します。

 

基本的な設定

赤ちゃんがパソコンをいじる

まずは、一番最初にやっておきたい基本的な設定として、

  • 一般設定
  • プロフィール設定
  • パーマリンク設定

の3つを説明していきます。

一般設定

管理画面から「設定」→「一般」で設定画面に移動できます。そして今回は、

  • サイトのタイトル
  • キャッチフレーズ
  • メールアドレス

の3つに触れていきます。

サイトのタイトル

このサイトでいう「プロガー」にあたるものです。

ちなみにサイトタイトルは、SEOのキーワードが含まれていたり、口にしやすくて覚えやすかったりするものだとといいです。

キャッチフレーズ

サイトのサブタイトルみたいなものになります。

例えば

このサイトでは「働かずにブログに自動で稼がせるプロガーになるためのサイト」がキャッチフレーズにあたります。

こちらに関しては空白でも構いませんが、書いてあればユーザーがどんなサイトであるかを理解することができます。

メールアドレス

こちらには普段利用しているメールアドレスを入力しましょう。
ブログにコメントがついたり、リンクがついた際に、このメールアドレスに通知が届く仕組みになっています。

この他に関しては特に事情がない限り、設定を変更する必要はないです。

プロフィール設定

管理画面から「ユーザー」→「プロフィール」で設定画面に移動できます。

ここでは、ニックネームを設定して、ユーザー名を隠すという作業をします。

手順は簡単で

  1. 「ニックネーム」の欄に好きなニックネームを入力する
  2. 下にある「ブログの表示名」の欄で先ほどのニックネームを選択する

だけになります。

サイト内に自分のユーザー名を表示してしまうと、セキュリティ的にも危険なので、早めに設定しておきましょう。

パーマリンク設定

パーマリンクとは、ページごとに付けられる、特定のURLのことをいいます。
このページの場合だと、「https://purogar.com/wordpress/setting/」にあたります。

まず管理画面から「設定」→「パーマリンク設定」で設定画面に移動します。すると、共通設定として

  • デフォルト
  • 日付と投稿名
  • 月と投稿名
  • 数字ベース
  • 投稿名
  • カスタム構造

の6つから選択できるようになっています。

例えば

このブログでは、カスタム構造で
https://purogar.com/%category%/%postname%/
と入力して、
https://purogar.com/カテゴリー/投稿名
というパーマリンクになっています。

この他に「投稿名」を選ぶこともおすすめです。

また、パーマリンク設定に関しては、後から変えてしまうと、投稿済みの記事を含めて、サイト内のすべてのページのURLが変わってしまいます。これはSEOの観点でもマイナスの影響を与える可能性があるので、一度設定したら変更しないようにしましょう。


テーマを設定

webデザインの下書きを書いている

次に、WordPressのデザインの大枠となる「テーマ」を設定していきます。

テーマを選ぶ

WordPressのテーマは無料のものから有料のものまで数多くのテーマが存在します。

このサイトでは初心者の方には、無料テーマはあまりおすすめしていません。

理由は以下の通りです。

ここにテキストを入力

  • 比較的デザイン性が低い
  • カスタマイズが難しい
  • しっかりとしたサポートがない

テーマは今後のサイト運営にも関わる重要なところになるので、初期投資だと思ってお金を惜しまず、有料のテーマを選びましょう。

今回は筆者がおすすめする有料テーマ「JIN」を紹介します。

JINのトップページ

「JIN」というテーマは当サイトでも使われているテーマになります。

こちらは有料のものにはなるのですが、初心者にとっては非常にメリットの多いテーマになります。

具体的には次のようなメリットがあります。

webの知識がなくても、簡単におしゃれなwebデザインを作ることができる

せっかく自分のサイトを作るのであれば、自分でも納得がいくようなおしゃれで綺麗なブログを作りたいものです。しかし、他のテーマだと、見た目がイマイチだからカスタマイズしたいと思ったら、HTMLやCSSを使って、自分でプログラミング言語を学んで、サイトのカスタマイズをしないといけません。初心者がこの言語を勉強するにはある程度時間もかかってしまいますし、何より面倒です。

JINには「着せ替え機能」というものがあり、ボタン一つで自分の好きなサイトのデザインに変更することができます。そして初心者でも簡単にきれいなサイトを作ることができ、あなたは記事を書くことに集中することができます。内部SEO対策がテーマ内で既にされています。

サイト運営を始めていくと気になるのは、やはりアクセス数でしょう。そこで重要になってくるのがSEO対策です。

SEO対策にしても、サイト運営をしていく上では必ずといっていいほど必要な知識ではあるのですが、こういった初期設定や記事作成に精一杯な初心者ブロガーにとっては、今の時期はなかなか手を付けられないところでもあるかもしれません。

JINは有名アフェリエイターであるひつじさんのノウハウが詰まった「内部SEO対策済み」のテーマになるので、基本的なSEO対策は既に備わっている状態でブログを始めることができます。

説明書がしっかりしていて初心者でも使いやすい

JINには公式サイトがあり、そこで使い方を全て解説してくれているので、初心者でも安心して使うことができます。無料サイトだと説明書になるサイトが少なかったり、どれが正しい情報かもわからなくなりがちなので、公式サイトがあることには大きな価値があります。

有料テーマ「JIN」の価格は14,800円ですが、このテーマにはこれ以上の価値があります。

これから長くブログを続けていきたい人には是非おすすめしたいテーマです。

JINの公式サイトはこちらです。

JIN(ジン)|真の使いやすさを追求したWordPressテーマ

テーマの設定手順

テーマを選んだら、いよいよそのテーマをWordPressに設定していきましょう。

まずは自分の決めたテーマを配布しているサイトからデータをダウンロードします。データのダウンロード方法は、テーマによって異なってくるので、テーマを配布しているサイトのほうを参考にしてください。

ここで注意してほしいことが1つあります。

基本的にWordPressのテーマには、親テーマと子テーマの2つが用意されているものが多いです。ちなみに先ほど紹介した「JIN」にも親テーマと子テーマが用意されています。

それぞれの役割としては、親テーマがテーマの基礎となるものなのですが、こちらで変更してしまうと、テーマのアップデートがあった際に、変更部分がリセットされてしまいます。そしてこういったことを防ぐために、子テーマを使うことで、基礎部分を変えずにデザインの変更を加えることができるようになります。

そのため、親テーマと子テーマはどちらもダウンロードしておきましょう。

次にダウンロードしたテーマをWordPress上にアップロードしていきます。

テーマをダウンロードしたら、WordPressの管理画面から「外観」→「テーマ」を選択します。

そして、ページ上部にある「新規追加」をクリックします。

wordpressのテーマの画面

次の画面で「テーマのアップロード」をクリックします。

wordpressのテーマを追加の画面

そして、「ファイルを選択ボタン」からダウンロードしたファイルを選び、「今すぐインストール」をクリックします。

「テーマのインストールが完了しました」という表示が出たら、インストール完了です。

同様にして、親テーマと子テーマがどちらもインストールされた状態にしておきましょう。

最後にインストールしたものを有効化して初めてサイトのほうに反映されます。

今は親テーマと子テーマが両方インストールされた状態かと思いますが、子テーマのみを有効化しましょう。

wordpressのテーマのトップ画面

このようになればテーマの設定は全ておしまいです。

 

便利なプラグインの設定

iPhone X (スペースグレイ)のホーム画面

プラグインは簡潔に言うと、

「WordPressの機能を簡単に拡充することができる仕組み」のことです。

スマートフォンでいうとアプリにあたります。

プラグインの設定手順

これから、プラグインの設定を行っていきます。

管理画面から「プラグイン」→「新規追加」でプラグインの追加ページに移動します。

プラグインの検索の欄から、追加したいプラグインを検索します。

「いますぐインストール」ボタンをクリックします。

インストールが完了した後に「有効化」をクリックすれば、設定完了です。

必ず入れておきたいプラグイン5選

それではここで、初心者が必ず入れておきたいのプラグインを5つに絞って紹介します。

  • BackWPup:バックアップの作成
  • Broken Link Checker:リンク切れをチェック
  • Google XML Sitemaps:サイトマップのURL作成
  • WebSub/PubSubHubbub:記事の更新をGoogleに通知
  • WP Multibyte Patch:日本語表示の不具合修正

初心者にとっては、どう便利かがイマイチ分からないものがほとんどかとは思いますが、サイト運営をしていくうちになぜそのプラグインが必要かが分かるかと思います。ですので最初のうちはこれらのプラグインを入れておくことをおすすめします。

また、これからサイト運営をやっていくうえで、プラグインも色々と追加、変更していくかと思うのですが、その際に1つ注意点があります。

WordPressのプラグインは様々な目的に合わせたものが存在し、便利な機能も多いので、ついあれもこれもと入れてしまいがちです。

 

ただし、プラグインを入れすぎてしまうと、サイトのほうに悪影響を及ぼす可能性があります。

具体的には、以下の通りです。

  • 不具合が起きやすい
  • サイトの表示速度が遅くなる
  • ウイルスにかかりやすくなる

プラグインはどんなに多くても、20個以内に抑えたほうがいいでしょう。

これで全ての初めにやっておきたい設定の説明はおしまいです。

 

さいごに

ティーカップと黒砂糖

今回紹介した設定に関しては、今後も必ず使っていくものになるので、この機会に是非覚えて、これからのサイト運営に役立ててください。

初期設定(コピぺ推奨)
  • 一般設定
  • プロフィール設定
  • パーマメント設定
  • テーマの設定
  • プラグインの設定

また、これからブログ運営をしていると専門用語などがたくさん出てきます。そういったときにいちいち調べていたら時間もかかってしまう上にめんどくさくて嫌になってしまいます。それを避けるために【wordpressの長頻出用語集】知らないと会話できないブログ知識で基本的な専門用語をご紹介しているので、初めのうちに確認しておきましょう。

にほんブログ村 ブログブログ ブログアクセスアップへ