wordpress

WordPressでのYoutube動画の埋め込み方法※やり方要注意

WordPressでのYoutube動画の埋め込み方法※やり方要注意

WordPressでのYoutube動画の埋め込み方法※やり方要注意

 

もしあなたのブログやブログ記事に動画を入れようとしているのであれば、それはすごくいいアイデアです。
動画はユーザーの視覚的イメージを膨らませて、ユーザーの理解を深めることができます。
また、動画がもたらすビジュアル的な華やかさは、文字情報での情報処理をし続けているユーザーの脳にとって、つかの間の休息にもなります。
このように、ブログに動画をうまく活用できれば、あなたのブログは読者にとってより魅力的に見えることでしょう。

しかし、ブログでの動画活用は、実は正しい方法でやらないと、ブログからユーザーが離脱してしまったり、ブログの信頼を失ってしまったり、かえって悪影響をもたらしてしまうかもしれないのです。

そうならないために、今回はWordPressでのYoutube動画の埋め込み方法を、動画を埋め込む際の注意点も含めて紹介していきたいと思います。

 

Youtube動画を埋め込む3種類の方法

youtubeの3Dロゴ

今回紹介する、Youtube動画の埋め込み方法は以下の通りです。

  • 直接URLを埋め込む
  • ショートコードを記述する
  • Youtubeから取得したコードを埋め込む

そしてこれらの方法は、あなたがどのように動画を埋め込みたいかによって、使い分けていきましょう。

まず、「直接URLを埋め込む」方法は一番簡単出来る方法ですが、アレンジは利かないので、とにかく早く動画を貼りたいという人にはおすすめです。

次の「ショートコードを記述する」方法は、特に動画のサイズを設定したい時は、こちらの方法で行っていきましょう。

そして、「Youtubeから取得したコードを埋め込む」は、記事の内容的に動画の途中部分から見られるようにしたい時などでは、有効な手段になります。

ある程度それぞれの方法の使い分けが分かったところで、次はいよいよ具体的なやり方について見ていきます。


直接URLを埋め込む

youtubeロゴがたくさん

ブラウザからYoutubeを開き、そのURLをコピーして、そのURLを貼り付けたいページやウィジェットの「ビジュアルエディタ」に貼り付けるだけで、Youtubeの動画を埋め込むことができます。

ただし、URLを貼った行と同じ行にURL以外の文字を表示すると、動画が表示されなくなってしまうので気を付けましょう。

↓以下のようなものはNGです。
投稿ページの新規作成画面

 

ショートコードを記述する

youtubeロゴのムービー風

次に、ショートコードを使った、動画のサイズを指定する方法について紹介します。
Youtubeの動画を埋め込みたいときは、「embed」というショートコードを使います。
そして、ショートコードの頭部分で「width=”●●●(数字)”」といった形で、横幅が何ピクセルであるかを指定することで、動画サイズを変更することができます。
※縦横の比率を変更することは出来ません。

そして、このショートコードは、動画を埋め込みたいページやウィジェットの「テキスト」部分に貼り付けるようにしましょう。

↓以下が例になります。
投稿ページの新規作成画面


Youtubeから取得したコードを埋め込む

ノートパソコンに表示されるyoutube

次にYoutubeの動画ページからコードを取得する方法で、Youtube動画を埋め込む方法について紹介します。
まずは、埋め込みたい動画を選択しましょう。
Youtube Musicのページ
そうしたら、動画の下のほうにある「共有」をクリックします。
Youtubeのリンクの共有のページ
すると、次のような画面が表示されるので、「埋め込み」を選択します。
Youtubeの「動画を埋め込み」のページ
すると、赤枠で囲い込んだように、埋め込み用のコードが表示されます。
さらに、その赤枠の部分では、埋め込み表示に関する詳細設定をすることができます。
Youtubeの埋め込みオプションの拡大表示
設定できる内容は以下の通りです。

  • 開始時間…埋め込んだ動画を途中から再生させたい場合は、ここにチェックを入れると、何秒の部分から再生するかということの設定ができます。
  • プレイヤーのコントロールバーを表示する…再生・停止・早送り・巻き戻しや、ボリュームを調整するボタンを埋め込んだ動画内に表示させるかどうかを設定することができます。
  • プライバシー強化モードを有効にする…チェックすると、動画を見たユーザーのデバイスに、動画の再生履歴が残らなくなります。特に理由がなければ、チェックを外すようにしましょう。

そして、一番下にある「コピー」のボタンをクリックすると、コードをコピーすることができ、それを貼り付けたいページやウィジェットの「テキスト」部分に貼り付けると、動画を埋め込むことができます。

 

動画を埋め込む際の注意点

パソコンをチェックしながら電話対応する会社員

先ほどまでWordPressにYoutubeの動画を埋め込む方法について紹介してきましたが、ここからは動画を埋め込む際に気を付けるべき2点について説明していきます。

必ず動画の内容に関して文字情報をつける

あくまで動画は、内容をより分かりやすく伝える補助的なものであるということを忘れないようにしましょう。
実際ブログを見てくれているユーザーは必ずしも動画を見れる状況にあるとは限りません。ゆっくりと動画を見られる状況になかったり、音を出して動画を見られる状況になかったりと、様々な状況の中で、ユーザーさんはあなたの記事を見ています。
なので、動画ありきのブログ内容ではなく、動画を見なくてもしっかりと内容が分かるようなブログを作るようにしましょう。

違法アップロードされた動画は埋め込まない

また、他人の動画を埋め込むときは、著作権の問題に気を付けましょう。
TV番組や映画など明らかに著作権が存在するもので、Youtubeにアップされているものもありますが、これらは公式チャンネルとして正式に配信されているものでない限り、全て違法にアップロードされたもので、著作権違反です。
そして、それをブログ等に埋め込みするのも著作権の侵害に当たるので、細心の注意を払ってください。



さいごに

朝食(洋食)

動画は正しく活用すれば、あなたのブログをより華やかで分かりやすいものにしてくれます。今回紹介したYoutube動画を埋め込む方法と動画を埋め込む際の注意点をしっかりと押さえて、是非あなたのブログをより魅力的なものにしてください。

Youtube動画の埋め込み方法
  • 直接URLを埋め込む
  • ショートコードを記述する
  • Youtubeから取得したコードを埋め込む
動画を埋め込む際の注意点
  • 必ず動画の内容に関して文字情報をつける
  • 違法アップロードされた動画は埋め込まない